業務内容

SERVICES

業務内容

これからも無限に広がるダイヤモンド工事の可能性を求めて
各部門全体のレベルアップを図るとともに
自社の総合力を高め多種多様なサービスを提供します。

業務内容イメージ画像

舗装切断およびコンクリート構造物・建物の解体・改修、耐震改修、外構(舗装・排水施設・塀)工事の設計施工などをご提供しております。
施工現場に合わせた施工方法を検討・選定・ご提案。
常にお客様へのお役立ちを経営の柱とし、設計・施工を通じて、高品質な施工サービスを提供して参ります。

ダイヤモンド工事

① ワイヤーソー(湿式・乾式・SGフォーム)工法

  • ワイヤーソー工法画像
  • ワイヤーソー工法画像

ダイヤモンドワイヤーを被切断物に巻付け、ワイヤーソーマシンで切断する工法。

どんな大きさのコンクリート構造物も縦横斜め、自在に切断。
作業は一貫して低粉塵・低騒音・無振動です。

どんなに大きく、また厚いものでも、ワイヤーソー工法なら、優れた精度でスピーディに切断が完了。
騒音や粉塵の発生を低く抑えられるのでとても環境に配慮した工法です。

また、施工状況に応じて 湿式、乾式、SGフォームの3種類のワイヤーソー工法を使い分け施工しております。 補助滑車を任意に組み合わせることで、縦横斜め、自在に切断方向が選べ水中、狭い場所などいままで切断が困難だった現場でも作業環境に合った柔軟な施工が可能です。

② 乾式グルービング(安全溝・ヒーティング用溝)工法

  • 乾式グルービング(安全溝・ヒーティング用溝)工法画像
  • 乾式グルービング(安全溝・ヒーティング用溝)工法画像

厄介な切断汚泥水を発生させることなく、安全溝等を作成する工法。

北海道で初めてドライグルーバー機械を導入致しました。乾式グルービング工法のテーマは『環境へのやさしさ』です。

平成10年6月に本工法を発表以来高い評価をいただいております。 従来の湿式グルービング工法で必要だった冷却水のほか、汚濁水処理のバキューム装置や散水車がいらず、低コストで施工できるのが利点です。汚濁水が発生せず、切削した粉も容易に回収、再生合材としてリサイクルできることから『環境にやさしい』工法です。

また、近年はヒーティング工事に於けるヒーティング溝の溝切りの施工にも威力を発揮しております。

③ 乾式U型溝切削工法

  • 乾式U型溝切削工法画像
  • 乾式U型溝切削工法画像

施工能力にすぐれ、冷却水を必要とせずU字型溝を作成する工法。

従来ブレードを冷却するために多量の冷却水を必要とし且つ切断汚泥の処理に大幅な時間を費やさざるを得ませんでした。

当社で考案した乾式用U字型ブレードを乾式グルービング機で施工することにより、舗装を汚すことなく、また施工時間も大幅に短縮し、お客様からは大変良い評価を受けております。

④ ウォールソー(最大切断深1,000mm)工法

  • ウォールソー(最大切断深1,000nlm)工法画像
  • ウォールソー(最大切断深1,000nlm)工法画像

最大1,000mmの厚みのコンクリート構造物を、ダイヤモンドブレードにより切断する工法。

狭い場所でも、効率良くスピーディに切断。壁や床など平面部分の切断に抜群の機動力を発揮。
床、壁など切断の対象面が平面の場合に最大限の威力を発揮するのがウォールソー工法。

ダイヤモンドブレードと呼ばれる丸鋸を高速で回転させスピーディに切断。ダイヤモンド工法を利用した切断技術の中でも、特にこの技術は、効率の良さと機動性の高さが特徴です。使用する機器がコンパクトなため小回りがきき、角度を選ばない切断も可能にします。

⑤ コンクリートカッター(湿式・最大切断深700mm)工法

  • コンクリートカッター(湿式・最大切断深700mm)工法画像
  • コンクリートカッター(湿式・最大切断深700mm)工法画像

切断機にダイヤモンドブレードを取付け、
鉛直方向に舗装路面・コンクリート床面等を切断する工法。

近年は、旧橋上部解体・撤去での、コンクリート床版・PC桁の切断作業に使用され、また都市部の夜間工事では、超低騒音の機種と静音ブレードの組合せにより、安心して切断作業が行えるようになりました。

切断深さは、アスファルト・コンクリートを問わず700mmの切断が可能です。

⑥ 乾式コンクリートカッター(最大切断深300mm)工法

  • 乾式コンクリートカッター(最大切断深300mm)工法画像
  • 乾式コンクリートカッター(最大切断深300mm)工法画像

従来のコンクリートカッターとは違い、冷却水を使用せず汚泥水処理の必要ない切断工法。

従来の乾式工法では無筋コンクリートやアスファルト舗装(ともに10㎝以下)の切断が限界でしたが、近年開発された乾式ブレードと当社所有のバキューム車との併用により、今まで不可能であった床版などの鉄筋コンクリート構造物の切断が可能となりました。

乾式ブレードによる鉄筋構造物の切断は道内初の施工です。

⑦ 電動コンクリートカッター工法

  • 電動コンクリートカッター工法工法画像
  • 電動コンクリートカッター工法工法画像

有害な一酸化炭素を排出せず、閉鎖された空間でも安心して切断作業を行える工法。

従来のエンジン式コンクリートカッターによる閉鎖された空間(地下鉄、沈殿槽、トンネル等)の切断作業に於いては、一酸化炭素対策及び排ガスの臭いの対策が必要でしたが、電動コンクリートカッターによる切断作業は、その心配が無く、安心・安全に作業が可能になり、コスト面に於いても大いに貢献しております。

⑧ コアドリル(湿式・乾式)工法

  • コアドリル(湿式・乾式)工法画像
  • コアドリル(湿式・乾式)工法画像

コアドリルにダイヤモンドビットを取付け、コンクリート構造物・道路等を穿孔する工法。

コンクリート構造物の孔あけ工事に幅広く対応。
近年は耐震補強工事にて必要不可欠な存在となっております。

コアドリリングは、高硬度のダイヤモンドを埋めた筒状の刃(ビット)を高速で回転させてスピーディにコンクリート構造物の削孔を行う技術です。削孔の対象物に合わせ、最大口径φ1,000㎜までの削孔が可能です。 油圧モーターを使用することにより、水中でのコアドリルが可能となり使用範囲が大きく広がりました。

また、コア採取乾式工法では、冷却水を使用せずに施工が可能なので、含水比率を重要視するコア採取には最適な工法です。

耐震補強工事・耐震改修工事

耐震補強工事・耐震改修工事

  • 耐震補強工事・耐震改修工事画像
  • 耐震補強工事・耐震改修工事画像

落橋防止、橋脚巻立て、あと施工アンカー
耐震スリット、無収縮モルタル注入等の施工。

土木耐震補強工事では、落橋防止、各種巻立ての施工、建築耐震改修工事では、主に学校等の公共施設の耐震補強工事を手がけ、また歴史的建造物の耐震補強工事にも取り組んでおります(墨出し・写真撮影も行います)。

耐震補強におけるあと施工アンカー工事では第1種・第2種はもとより主任技士・技術管理士を有し施工に当たっております。

バキュームブラスト工法

  • バキュームブラスト工法画像
  • バキュームブラスト工法画像

低騒音・低振動・無粉塵でコンクリート等の表面処理が可能な工法。

バキュームブラストとは、研削材を被作物に投射することにより表面処理を行い、その際発生する粉塵を外部に漏らすことなく吸引・回収する工法です。

当社は、研削材の中でも最も硬い部類に属するアルミナを使用することにより研削力を向上させ、作業工程の短縮に大いに貢献しております。

重機解体・改修工事

重機解体・改修工事

  • 耐震補強工事・耐震改修工事画像
  • 耐震補強工事・耐震改修工事画像

周辺環境を十分に考慮した解体・改修工事を行っております。

一般住宅解体工事から大型建物の解体・改修を行っております。
建物では、木造・コンクリート造・鉄骨造を問わず多数の解体工事を行っております。施工に当っては周辺環境を十分に考慮した重機機種の選定を行い施工させていただきます。

改修工事では人力による取壊し・内装解体はもとより、現場状況に応じてダイヤモンド工事機械を駆使し、安全に且つ短時間で施工することが可能です。

その他品目

① 橋床版・床面研掃工事

  • 橋床版・床面研掃工事画像
  • 橋床版・床面研掃工事画像

配水池等の改修に伴う塗膜除去、橋面防水の重要な役割としてのコンクリートの平坦性と付着性能を確保する工事。

研掃工事とはダイヤモンドチップや超硬チップを取付けた研掃・研磨機により塗膜除去及びコンクリート面の平坦性を高める工事です。

配水池改修工事に伴う配水池の塗膜除去作業では、集塵機を備えつけることにより、粉塵を抑制し作業環境の改善に貢献し併せて工期短縮に活躍しました。また、最近では橋梁の長寿命化計画に伴い橋面補修、特に複合防水工事に於いては防水前の重要な役割としての研掃作業の引合いが年々多く成ってきております。平成24年度は約30,000㎡の橋面の研掃を施工させて頂きました。

② バースター工法

  • バースター工法画像
  • バースター工法画像

最大1,500tの油圧ピストンの押出し力により
コンクリート構造物を断裂させ、ブロック化する工法。

近年、砂防ダムのスリット工事の増加に伴い、主要な工法としてバツグンの威力を発揮しています。

構造物に開けたΦ205mmの孔にバースターヘッドとプレッシャープレートを挿入します。油圧ユニットにより、ヘッドの2つのピストンを最大250t、最大行程60mmで作動させ、瞬時に任意の方向に破断することができます。鉄筋の配筋状態がわかれば、その切断も可能です。


小型軽量ですので重機械が作業できない高所、低所、狭い場所、また粉塵、振動を出す事のできない建物内部での取壊し作業に充分な力を発揮します。また、最大108t、最大行程24㎜、削孔径φ110㎜のバースターCP110も保有しております。

③ 板ジャッキ工法

  • 板ジャッキ工法画像
  • 板ジャッキ工法画像

板ジャッキ内に専用水ポンプで水を送り込み
それを膨らませコンクリート構造物を断裂させる工法。

板ジャッキ工法とは、薄さ1.5㎜の鉄の板2枚を特殊溶接により袋状し、その内部に専用ポンプで水を送込むことにより板ジャッキを膨らませコンクリート構造物を解体する工法です。

特にPC桁のI桁・函桁等では切断汚泥の河川への流失を心配することなく解体撤去できます。また化石発掘では搬出不可能な大きさのノジュールを内部の化石を欠損させることなく断裂させ無事搬出しました。

④ 鉄筋探査・引張試験

  • 鉄筋探査・引張試験画像
  • 鉄筋探査・引張試験画像

高性能の2D、3D画像解析による調査、およびアンカーの事前確認試験。

⑤ 土木工事

一般住宅前のロードヒーティング工事、玄関前の舗装工事から官庁発注工事まで幅広くお手伝いさせていただきます。

北海道石狩支庁、札幌市の官庁より暗渠排水工事、建築物改修工事道路整備工事、河川改修工事、上下水道配水管新設工事などの仕事をお手伝いさせていただいております。

⑥ 除雪・排雪

除雪・排雪もお任せください。

札幌市内でシーズン除雪・排雪を承っております。
玄関前・駐車場等での除排雪をお手伝いさせて頂きます。

また、札幌市東区西地区の市道の除雪、パートナーシップ排雪、福祉除雪も行っております。

第一建興江島株式会社

〒007-0850
北海道札幌市東区北50条東7丁目7番8号
TEL:011-751-0410 FAX:011-771-6361

Copyright © 第一建興江島株式会社. All rights reserved.